2016年07月28日

筆について

文房四宝(筆)

今回は筆といっても、万年筆のこと。

毛筆と併せてお手本、またプライベートでの

手紙・葉書などで世話になるのが万年筆。

商売柄常に携行している何本かの中でも

気に入りのものがこれ。三十数年も前、

その頃は万年筆コレクターよろしくペリカン、

モンブランと世界中の万年筆を試したり、

所持したりしていたが、結局のところ多くの条件を

クリアしたのが我国のセーラー ≠ナあった。

写真は同型乍ら、右ブライヤー(木製)と、

左スチール製のもの。漢字用、仮名用と使い分けたり

しているのだが。長いつきあいのお宝なのである。

平成16年8月文房四宝-万年筆写真.jpg

posted by 今口鷺外 at 01:10| 文房四宝あれこれ

磨墨随想 平成28年8月号

平成28年8月号「天外」掲載の磨墨随想です。

画面をクリックして拡大してお読みください。

磨墨随想28年8月号.jpg

posted by 今口鷺外 at 00:23| 磨墨随想