2016年10月28日

筆について

文房四宝(筆)

なんと言っても我々にとって大切な筆である。

実は昔からの悩みなのだが、使い込んで馴染んだ

頃の或日、まるで烏口(御存知無い方も多いかも)

の如く、パカリと割れてしまったりする。

致し方なく穂の根元に糸を巻いてみたりするが

全快とはいかない。小生元々は穂先は根元まで

全ておろすべしという考え方なのだが、此度は

気に入りの大切な筆ゆえに万止むを得ず墨に

よって根元を固めてしまったら?と思い、使った

後墨の付いた穂先をしぼって…後日使い始めの

不具合は兎も角、今のところ割れの方はだまし

だまし無事な様子。

posted by 今口鷺外 at 01:30| 文房四宝あれこれ