2016年11月26日

筆について

文房四宝(筆)

先回書いたように、大切な羊毫筆が今にもパカッ

と穂先の根元から割れて了いそうに成ったので、

やむなく根元に墨を残したまま先の方だけ洗う

ように、即ち根元をかためた状態にしてみた。

再び書き出す時が問題で、しばらく先の方を

墨汁に浸しておく必要がある。そんな風に

すれば例えば手本書きなどにも問題は無い

のだが、本当は穂を全部おろして尚、決して

割れぬ筆が欲しいものと切に願うのだが。

posted by 今口鷺外 at 01:19| 文房四宝あれこれ