2017年03月25日

墨について

文房四宝(墨)

先日、半切に臨書を書くべしで用意を整えて

いたのだが、前にも書いたように、近年大字

作品が主となっている為、墨磨機のお世話に

なることが多いのだが、此度はそれ程の墨量を

必要としないのでと、久し振りに愛蔵の

(30年前に購入)端渓硯を取り出して、自身で

磨り始めることに。25p以上ある大硯なので、

それこそよそ見をしていても磨れるのが

有難い。長年ねかせていた墨をゆっくりと

大きな硯で…は誠に気分よろし。又たまに

硯石に水を与えてやるという意味でも良ろし

かろうと今更に改めて思ったという次第。

posted by 今口鷺外 at 03:14| 文房四宝あれこれ