2021年04月30日

文房四宝

文房四宝(万年筆)

半世紀も前になるが、興味あって、外国、国産

問わず沢山の万年筆を比較したことがあって、

結果選んだのがセーラーのプロフィット

シリーズのもの。

今も愛用に至っているのだが、書くものによって

使い分けている次第。時に古いペリカン(♯400)

を引っ張りだしてもみれば存外の使い易さに

こちらも愛用している。上達したいと切念、

よって佳き道具を求めるは必然。そう思えば

小生にとっては武士の刀の如きもので、書人に

とって何よりも大切なもの。まだまだ上達

したいものと、常に思ってはいる。

【文房四宝あれこれの最新記事】
posted by 今口鷺外 at 00:39| 文房四宝あれこれ