2013年04月30日

墨について

文房四宝(墨)


最近墨の減りが早い。

以前と違って近年作品書きに際して機械に頼る事が多いので、
つい多めに磨ることになる。(制作途中での墨切れがこわいので)
毎回の様に結構多くの墨汁が残ることになり、冷蔵庫などに入れておくことも多い。

だが実際にそれらを用いて作品を書くことはあまりない。
結果手持ちの上等高価な墨もみるみるうちに…。
そんな状況での使用となれば10p程の大きさで二万円位という当方の目安は
やっぱり高くつくなァが正直な感想である。
しかも十年以上は寝かせたいというのだから。

墨造りの現在の状況などを考えてみても誠に悩ましい昨今の事情である。


(『天外』25年5月号より)


posted by 今口鷺外 at 22:40| 文房四宝あれこれ