2021年05月26日

文房四宝

文房四宝(紙)

ペンで字を書く時、今の一般的な紙を使うと、

存外に滲み過ぎることが多々ある。毛筆作品

じゃあるまいし、これはいただけない。昔は

インクをもって手書きするのは当たり前のこと

であったので、大概のものはそれなりに滲み

止めがされていたものと思(おぼ)しく、

そんなに苦労した覚えはない。それが今の時代、

大体が活字印刷(即ちプリンター)である為、

それ程滲みを気にする必要がなくなったのかも

知れない。よって天外≠フ硬筆手本を書く

場合は、念の為硬筆専用に作られたものを

用いるようにしてはいる。残念乍らそんな

時代なのである。

posted by 今口鷺外 at 03:41| 文房四宝あれこれ

2021年04月30日

文房四宝

文房四宝(万年筆)

半世紀も前になるが、興味あって、外国、国産

問わず沢山の万年筆を比較したことがあって、

結果選んだのがセーラーのプロフィット

シリーズのもの。

今も愛用に至っているのだが、書くものによって

使い分けている次第。時に古いペリカン(♯400)

を引っ張りだしてもみれば存外の使い易さに

こちらも愛用している。上達したいと切念、

よって佳き道具を求めるは必然。そう思えば

小生にとっては武士の刀の如きもので、書人に

とって何よりも大切なもの。まだまだ上達

したいものと、常に思ってはいる。

posted by 今口鷺外 at 00:39| 文房四宝あれこれ

2021年03月27日

文房四宝

文房四宝

連盟では毎月「天外」の書き方動画を配信して

いて、「非常にわかりやすい」と好評のようで

結構なことと喜んでいる。撮影の折、成るべく

上等(?)の道具(文房具)を用いて、書の

愉しさを感じてほしいものと思っている。

手持ちの端渓などの硯、様々な文鎮、筆置き、

水指し等々、やっぱり身の回りの佳き道具たちは

大いにモチベーションを上げてくれるのである。

要は書に浸る至福のひと時を、こんな時こそ

大切に味わいたいもの。

posted by 今口鷺外 at 19:07| 文房四宝あれこれ

2021年02月26日

文房四宝

文房四宝(硯)

書家にとって、それこそ魂とも言うべき硯石。

ちょっとばかり自慢のものも持っているが、

正直曾て程には出番がこない。ただ小さめの

字を書く時は(例えば写経や仮名臨書など)

何としてもゆっくりと取って置きの古い墨を

磨って、と成る。端渓もいいが、小生割に歙州

(きゅうじゅう)も好きで15×20センチ位の

歙州硯(清代)に登場して頂く事が多い。

墨道には紗(しゃ)を掛けたように極く細かな

波紋が美しく立っていて(暗細羅紋)、妙に

心落ちつけてくれる風情。書人にとって静かに

磨墨する時こそ至福の時なのであります。

posted by 今口鷺外 at 16:02| 文房四宝あれこれ

2021年01月27日

文房四宝

文房四宝(紙)

文房四宝のうち、もっとも消費の早いのが紙で

あろう。何といっても沢山書くほど上達する

というのは自明の理。半紙などにいたっては、

一回の練習に一体どれ程使うことだろうか。

当然漢字用の方が多く成るのだが…。若い頃は

八時間も九時間も書きっぱなしで、反故(ほご)が

ビニールのゴミ袋何個にも成るという始末。

それこそ紙(神)の罰が下るのではと恐れたり

したものだが。亡き榊莫山さんが本に書いていた。

「反故の紙はワシの努力の汗や」と。成程成程…。

posted by 今口鷺外 at 03:37| 文房四宝あれこれ