2019年09月26日

墨について

文房四宝(墨)

テレビで珍しく「墨」の話が。

曰く、伊勢の鈴鹿でニカワに工夫を

こらすことで、ニジミが実に美しい

固型墨が造られているとか。昔から、

奈良へ墨づくりの出稼ぎに出ていた

人達が故郷へ帰って伊勢の白子でも

造りはじめたものと聞くが、今では

右の一軒しかないという。

なにしろ今や墨液全盛であるが、

そんな風に頑張っている職人も居る

というから心強い。

問い合わせてみると、松煙、竹煙の

煤を用いて、というものらしい。

当方としては油煙のものをと思って

いたので、此度は一旦ペンディング

したのだが興味津々ではある。

posted by 今口鷺外 at 04:27| 文房四宝あれこれ

令和元年10月号

〈スカーレット〉の撮影に際して今口鷺外会長が書写指導及び筆耕に携わっています。

画面をクリックして拡大してご覧ください。

磨墨随想R元年10月号.jpg


posted by 今口鷺外 at 04:16| 磨墨随想

2019年08月28日

筆について

文房四宝(筆)

どんな時にどんな筆を用いるべきか?

私どもにとっては大きな問題である。

作品づくりに羊毫を用いることで、何とも

いえぬソフトな佳き線が出て、大成功と

いうケースも多い。とはいえ羊毫は正直

使いづらく、よって日頃から実用書を

書くにも使う程に慣れておかないと、

いざという時苦労することに。しかし乍ら

例えば書写検定試験の時など、わざわざ

羊毫を駆使する必要はなく、ここでは

書き易い兼毫あたりがよろしいのでは。

書検の方では「芸術性は求めていません」

と申しております。

posted by 今口鷺外 at 20:11| 文房四宝あれこれ

令和元年9月号 <産経国際書展> 

今年も恒例の産経国際書展が開催されました。

画面をクリックして拡大してご覧ください。

磨墨随想R元年9月号.jpg

posted by 今口鷺外 at 19:26| 磨墨随想

2019年07月26日

筆について

文房四宝(筆)

長い間に随分と沢山の筆を使ってきて、

机の周りは大小の筆で一杯である。

作品書きには通常、羊毫を用いることが

多いのだが、時に手近な筆を何気なく取って

書くことも。先日、ちょっと大事な作品を

仕上げるのに、たまたま取ったのが、

それこそ子供用の如きもので、二千円位で、

しかもかなり手荒く使った形跡のもの。

ところが聯落に七文字程書いてみたそれが

存外のこと、面白い作品に成ったんでス。

イヤ、こんな事があるから安いものであれ、

古いものであれ大切に残しておくべきと

改めて思わされたという話。

posted by 今口鷺外 at 02:10| 文房四宝あれこれ