2017年01月29日

磨墨随想 平成29年2月号

平成29年2月号「天外」掲載の磨墨随想です。

画面をクリックして拡大してお読みください。
磨墨随想29年2月号.jpg

posted by 今口鷺外 at 21:07| 磨墨随想

2016年12月28日

磨墨随想 平成29年1月号

新年のご挨拶と、昨年の第62回あしで會展出品された
3人展 臨書競作 王覚斯詩稿 より

画面をクリックして拡大してお読みください。

磨墨随想29年1月号.jpg
posted by 今口鷺外 at 00:57| 磨墨随想

2016年11月27日

磨墨随想 平成28年12月号

平成28年12月号「天外」掲載の磨墨随想です。

画面をクリックして拡大してお読みください。

磨墨随想28年12月号@.jpg

磨墨随想28年12月号A.jpg

posted by 今口鷺外 at 01:49| 磨墨随想

2016年11月26日

筆について

文房四宝(筆)

先回書いたように、大切な羊毫筆が今にもパカッ

と穂先の根元から割れて了いそうに成ったので、

やむなく根元に墨を残したまま先の方だけ洗う

ように、即ち根元をかためた状態にしてみた。

再び書き出す時が問題で、しばらく先の方を

墨汁に浸しておく必要がある。そんな風に

すれば例えば手本書きなどにも問題は無い

のだが、本当は穂を全部おろして尚、決して

割れぬ筆が欲しいものと切に願うのだが。

posted by 今口鷺外 at 01:19| 文房四宝あれこれ

2016年10月28日

筆について

文房四宝(筆)

なんと言っても我々にとって大切な筆である。

実は昔からの悩みなのだが、使い込んで馴染んだ

頃の或日、まるで烏口(御存知無い方も多いかも)

の如く、パカリと割れてしまったりする。

致し方なく穂の根元に糸を巻いてみたりするが

全快とはいかない。小生元々は穂先は根元まで

全ておろすべしという考え方なのだが、此度は

気に入りの大切な筆ゆえに万止むを得ず墨に

よって根元を固めてしまったら?と思い、使った

後墨の付いた穂先をしぼって…後日使い始めの

不具合は兎も角、今のところ割れの方はだまし

だまし無事な様子。

posted by 今口鷺外 at 01:30| 文房四宝あれこれ