2019年02月25日

磨墨随想 平成31年3月号

恒例の産経国際書会代表展が開催されました。

画面をクリックして拡大してご覧ください。

H31年3月号産経国際書会代表展.jpg

posted by 今口鷺外 at 12:33| 磨墨随想

2019年02月01日

磨墨随想 平成31年2月号

平成31年2月号「天外」掲載の磨墨随想です。

磨墨随想31年2月号.jpg

posted by 今口鷺外 at 21:18| 磨墨随想

2019年01月30日

墨について

文房四宝(墨)

大字作品を書くことが多い。となれば到底手磨り

では間に合わない。言わずとも作品の大きさ

よりも文字の大きさで墨量は決まる。そこで

墨磨機の登場となる訳だが、果たしてどれ程の

墨量が必要なのか予め分からぬ為つい多めに

機械を動かすことに成る。従って用いる墨も

可成り大きいものをとなる。十丁型(12・5

センチ)の大きなものでも驚くほど早く磨り

減らしてしまうのだ。折を見て国産油煙墨などを

買いためておき、成るべく古いものから…。

中国製の古いものを少しばかり手磨りして加えたり

もしている。

posted by 今口鷺外 at 01:47| 文房四宝あれこれ

2018年12月28日

磨墨随想 平成31年1月号

平成31年1月号「天外」掲載の磨墨随想です。

磨墨随想31年1月号.jpg

posted by 今口鷺外 at 11:41| 磨墨随想

2018年11月28日

文房四宝

文房四宝

作品創りの際、漢字については自身はいわゆる

本画仙(中国・手漉き・白)の類を用いることが

多い。仮名については、手の込んだ美麗な上代様の

料紙が何といっても書を引き立ててくれる故に

用いたりするが、こちらは矢張り些か値の張る

ことに。ついで乍ら、この手の料紙どうしても

クラシカルムードなものとなるが、我が会で結構

力を入れている調和体作品(現代詩など)には

どうもシックリこない。紙屋さんの方で、現代的

作品に合いそうな料紙づくりを是非ともお願い

したいものと思っているのだが…。

posted by 今口鷺外 at 02:41| 文房四宝あれこれ