2020年09月25日

文房四宝

文房四宝

この間からSNSで皆さんに解り易い形で書き

振りを知ってほしいと、頑張って発信して

いる。やっぱり ー 百聞は一見にしかず ー

是非ご利用頂きたい。撮影の折には少しでも

そんな気分に成ってほしいものと、硯や墨

その他小物など置いたりしている。何となく

道具にもこだわって気分を盛り上げて、

というのも存外大切なものです。兎に角

愉しく書くことです。

【文房四宝あれこれの最新記事】
posted by 今口鷺外 at 23:31| 文房四宝あれこれ

磨墨随想 令和2年10月号

令和2年10月号「天外」掲載の磨墨随想です。

磨墨随想R2年10月号.jpg

posted by 今口鷺外 at 23:17| 磨墨随想

2020年08月26日

文房四宝

文房四宝

先回万年筆のことを書いたが「テレビでの」

というのは、朝ドラ撮影で最近は終戦後が

舞台のものも多く、当時は法律上インクは

ブルーブラックと決められていた。小生子供の

頃でも(大昔)入学の時のお祝いに吸入レバー

の付いたセルロイドの万年筆というのが定番

だった。即ちその時代の国民皆等しく美しい

文字を書きたいと切望していたのだ!

 懐かしく思いながら紺屋の白袴にならぬよう、

極力手書きにこだわっていきたい。従って

あらゆる原稿、あくまで手書きなのである。

が、提出の際にはスタッフに入力してもらって

いる。(笑)

posted by 今口鷺外 at 13:10| 文房四宝あれこれ

磨墨随想 令和2年9月号

令和2年9月号「天外」掲載の磨墨随想です。

磨墨随想R2年9月号.jpg


posted by 今口鷺外 at 12:52| 磨墨随想

2020年07月27日

万年筆について

文房四宝(万年筆)

硬筆ということで愛用の万年筆を。昔からこれを

収集していて、やれモンブラン又はペリカン等と

随分あつめたりした。三十年以上も前、本気で

試し比べた時期があって結局のところ、やはり

日本の字を書くにはと、セーラーの写真のシリーズ

が気に入っていて長年専らこれである。

天外の手本もこれを使い分けている。インクは

曾てはブラックにしていたが、近頃はテレビの

仕事の為昔風のブルー・ブラックを用いて書いて

いる。

R2年8月号文房四宝 万年筆.jpg


posted by 今口鷺外 at 23:21| 文房四宝あれこれ