2017年09月29日

紙について

文房四宝(紙)

練習でも作品づくりにも、用紙選びは大切なこと

です。にじみの少ないものは、或る意味書き易い

のだが、筆文字特有な美しさが表現しにくい。

例えば本画仙紙といわれるものなど結構にじむ

ものは同時に渇れやすいということでもある。

よって書きにくいようにも思えるが、この潤渇が

書の大きな魅力となれば、それなりの工夫が

必要となる。まずはメリハリのあるリズムで書く

というのも大切な一方法なのである。即ち筆圧の

加減を上手く調節して墨の出方を…ということ。

やはり慣れが一番ということか。

posted by 今口鷺外 at 23:09| 文房四宝あれこれ

2017年09月28日

磨墨随想 平成29年10月号

平成29年10月号「天外」掲載の磨墨随想です。

画面をクリックして拡大してお読みください。

磨墨随想29年10月号.jpg

posted by 今口鷺外 at 02:48| 磨墨随想

2017年08月25日

墨について

文房四宝(墨)

普段の練習には墨液を用いることが多いのだが、

作品制作には何としても所蔵の良質な墨の出番でと

成るのである。よってストック中の高級墨は今では

随分な数となっていて、無論使い切れぬまま…。

「書家死んで墨を遺す」はお定まりのことのよう

なので、これ致し方なく覚悟のほかありますまい。

時々引っぱり出して眺めては、何れこの自慢の墨が

どんな名作に生まれ変わるのか、はたまた生まれ

変わらせぬ方がよろしいのかなどと考えたりする

という訳でして・・・。

posted by 今口鷺外 at 00:32| 文房四宝あれこれ

磨墨随想 平成29年9月号

平成29年9月号「天外」掲載の磨墨随想です。

画面をクリックして拡大してお読みください。

磨墨随想29年9月号.jpg

posted by 今口鷺外 at 00:25| 磨墨随想

2017年07月26日

墨について

文房四宝(墨)

作品製作に当って、手磨りもしくは機械に頼ったり

するのだが、果たして充分に磨った濃いままか、

それとも水を加えながらの淡墨による作品効果を

狙うか、そしてその薄め具合はと、毎回乍ら迷う

ことに成る。これはという作品の場合には充分寝か

せた上質な墨を用いるので、そこは慎重になる。

では参考までにどの程度の墨かと言えば、目安とし

て10p位のもので、一万〜二万円位のものを少なく

とも10年は寝かせたい。尤も10p位の墨では例えば

機械にかけた場合見る間に磨り減って了うので、

結構な大きなものを用意することになる。  

(次号へつづく)

posted by 今口鷺外 at 10:42| 文房四宝あれこれ